「いつか、やりたいこと」
「いま、やっていること」

「起業」・「創業」と聞くと、少し距離を感じたり、難しそうに感じたりする方も多いはず。

そんなハードルを感じる方たちが集まり、
同じ思いを持った人たちと一緒に、
自分が信州で「やりたいこと」と向き合うのが、
信州スタートアップスクールです。

起業したゲストの話を聞き、
自分のやりたいことを考え、
同じ思いを持った仲間をつくる
連続講座を長野県内各地で実施します。

信州だからこそできる、
地域資源やつながりを活かした事業で
一歩踏み出しませんか?

講座参加の流れ

プログラム全体の説明会も兼ねたキックオフ講座に参加後、ご自身のやりたいテーマにあった、連続講座へご参加ください。

開催予定の講座一覧

【講座概要】
地域ならではの資源や人とのつながりを活かして、仕事をつくっているゲストから、事業のつくり方を学ぶことができます。

ゲストは、森林などの地域資源を活かして様々な事業創出を行う大島さん、ファシリテーションを通した新たなプロジェクト創出を行う小笠原さんの2名です。
8・9月に開催予定の講座についても紹介します。

【日程】
7月27日(土)10:00〜12:30

【会場】
Mウイング 会議室3-2( 長野県松本市中央1丁目18-1)

【ゲスト】
大島正幸さん
([ようび ] 代表取締役 / やがて風景になる ものづくりの伝道師
[ 株式会社 冒険の森 ] 取締役 / ブランディングディレクター)
岡山県西粟倉村で、ようびという、職能と個性で社会課題を解決する集団の会社を立ち上げる。建築、家具、デザイン、コンサルを主事業。
個性と問題から、可能性領域、成長領域、主体性の課題発見するプロジェクトマネジメントに長けており、大学、市町村自治体、民間と幅広い領域で、まなびづくりを手がける。国内外受賞多数。

小笠原 祐司さん
(NPO法人bond place 代表理事)
1985年生まれ 山梨県山梨市出身  大学生時代から小学生、障がい児向けのワークショップの企画やファシリテーションを行う。大学院修了後、企業の人財開発•人財戦略に関わる会社に入社。人財育成のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。 退社後、今までの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2015年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。

【講座概要】
様々な地域で女性の起業を応援するプログラムを実施している「NPO法人bond place」の小笠原さんをファシリテーターに迎え、女性を主な対象に、自分のやりたいことを具体化するワークショップを実施します。

当日は、そのアイデアを実践する上での壁、またその壁をどう乗り越えるのかについても話し合う予定です。vol.2では、具体的な事業案考え、それを他人に伝える方法まで考えます。

【日程】
<vol.1>8月8日(木)10:00〜12:30
<Vol.2>9月5日(木)10:00〜12:30

【会場】
松本商工会館

【ゲスト】
小笠原 祐司さん
(NPO法人bond place 代表理事)
1985年生まれ 山梨県山梨市出身  大学生時代から小学生、障がい児向けのワークショップの企画やファシリテーションを行う。大学院修了後、企業の人財開発•人財戦略に関わる会社に入社。人財育成のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。 退社後、今までの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2015年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。

【講座概要】
本講座では、主に若年層(35歳以下の方)を対象に、自分や他者と向き合い、自分のやりたいコトの種をみつけます。

起業の原体験となるのは、社会や自分の仕事に対する「違和感」からスタートすることも多いはず。そんな言語化できない違和感、そして、やりたいプロジェクトにひたすら向き合う2日間です。

【日程】
<vol.1>9月21日 14:00〜17:00
<viol.2>9月22日 10:00〜17:00
*vol.1終了後に交流会も実施予定です

【会場】
伊那市生涯学習センター
(〒396-0025
長野県伊那市荒井3500番地1 いなっせ5階)

【ゲスト】
大島正幸さん
([ようび ] 代表取締役 / やがて風景になる ものづくりの伝道師
岡山県西粟倉村で、ようびという、職能と個性で社会課題を解決する集団の会社を立ち上げる。建築、家具、デザイン、コンサルを主事業。
個性と問題から、可能性領域、成長領域、主体性の課題発見するプロジェクトマネジメントに長けており、大学、市町村自治体、民間と幅広い領域で、まなびづくりを手がける。国内外受賞多数。

【講座概要】
「自分のやりたいこと」や「信州でやる意味」など、シンプルだけど大事な問いに、起業・創業の際には向き合います。

そんな、答えのないテーマについて「ゆっくり、いそげ〜カフェからはじめる人を手段化しない経済〜」が話題となった、影山さんをゲストに迎え、一緒に考える時間です。
10月・11月の連続講座の詳細も紹介します。

【日程】
10月6日(日)13:30〜16:00

【会場】
県立長野図書館3F 信州・学び創造ラボ

【ゲスト】
影山知明さん
(クルミドコーヒー 店主
1973年東京西国分寺生まれ。大学卒業後、経営コンサルティング会社を経て、ベンチャーキャピタルの創業に参画。その後、株式会社フェスティナレンテとして独立。2008年、西国分寺の生家を建て替え、多世代型シェアハウスの「マージュ西国分寺」を開設。その1階に「クルミドコーヒー」をオープンさせた。2017年には2店舗目となる「胡桃堂喫茶店」を開業。出版業や書店業、哲学カフェ、地域通貨、田んぼづくりなどにも取り組む。

【講座概要】
地域課題の解決を目的とした、事業のアイデア、またそれに向けた実践は増えつつあります。
地域の『課題』は、角度によっては『資源』になると考えると、もっともっと地域に事業の種は転がってるはず。

そんな種をどう拾い、事業にするのか、宮崎を中心に、全国でそんな事例をつくり続けている斉藤さんをゲストに迎えて、一緒に考えます。vol.1は事例紹介が中心、vol.2はワークショップ中心の構成を予定しています。

【日程】
<vol.1>10月22日(火・祝)15:30〜18:00
<vol.2>10月23日(水)19:00〜21:00

【会場】
小諸市市民交流センター 会議室6・7

【ゲスト】
斎藤潤一さん
(特定NPO法人まちづくりGIFT代表理事/一般財団法人こゆ地域づくり推進機構代表理事
1979年大阪府生まれ。米国シリコンバレーのITベンチャーでブランディング・マーケティング責任者として従事。帰国後2011年の東日本大震災を機に、「ソーシャルビジネスで地域課題を解決する」を使命に活動を開始。持続可能な地域づくりの実現を目指して、全国各地の起業家育成に携わる。2017年4月新富町役場が設立した地域商社「こゆ財団」の代表理事に就任。2018年12月国の地方創生の優良事例に選定される。

【講座概要】
カフェ、ゲストハウス、コワーキングなど、「地域にこんな場所があったら面白いよね」という思いを形にする人が増え続けています。


今回はそんな実践を始めている善光寺門前、「やってこ!シンカイ」の店長ナカノヒトミさんをモデレーターに、そんなチャレンジする人が、事例に学び、仲間をつくり、やりたいことを実践する一歩を踏み出す講座を実施します。

初回は、松本市の人気ブックカフェ「栞日」の店主である菊地さんをゲストに迎え、事例からの学びを中心に実施し、2回目はそれぞれのやりたいことを共有していきます。

【日程】
<vol.1>10月18日(金)19:00〜21:00
<vol.2>10月30日(水)19:00〜21:00

【会場】
SHINKOJIホール( 長野市)

【ゲスト】
菊地 徹さん*vol.1のみ
(栞日 店主
1986年、静岡市生まれ。2010年、筑波大卒(国際関係学)。同年12月、松本市〈明神館〉に就職。2012年4月、〈haluta中軽井沢店〉に転職。2013年8月、松本市に戻り、国内の独立系出版物を扱う書店兼喫茶〈栞日〉開業。翌年7月から毎夏、ブックフェス「ALPS BOOK CAMP」主催。2016年7月、現店舗に移転。同年10月、旧店舗で宿〈栞日INN〉開始。2019年4月、ギャラリー〈栞日分室〉開設。

ナカノ ヒトミさん
(やってこ!シンカイ店長)
1990年長野県佐久市出身。2017年よりフリーライターとして活動を始めた。どこでも地元メディア「ジモコロ」などウェブメディアを中心に執筆を行う。2018年4月に「やってこ!シンカイ」の店長になり、佐久市から長野市に引っ越す。シンカイで自分の子供を育てることが目下の目標。

【講座概要】
地域ならではの資源や人とのつながりを活かして、仕事をつくっているゲストから、事業のつくり方を学ぶことができます。

ゲストは、森林などの地域資源を活かして様々な事業創出を行う大島さん、ファシリテーションを通した新たなプロジェクト創出を行う小笠原さんの2名です。
8・9月に開催予定の講座についても紹介します。

【日程】
7月27日(土)10:00〜12:30

【会場】
Mウイング 会議室3-2( 長野県松本市中央1丁目18-1)

【ゲスト】
大島正幸さん
([ようび ] 代表取締役 / やがて風景になる ものづくりの伝道師
[ 株式会社 冒険の森 ] 取締役 / ブランディングディレクター)
岡山県西粟倉村で、ようびという、職能と個性で社会課題を解決する集団の会社を立ち上げる。建築、家具、デザイン、コンサルを主事業。
個性と問題から、可能性領域、成長領域、主体性の課題発見するプロジェクトマネジメントに長けており、大学、市町村自治体、民間と幅広い領域で、まなびづくりを手がける。国内外受賞多数。

小笠原 祐司さん
(NPO法人bond place 代表理事)
1985年生まれ 山梨県山梨市出身  大学生時代から小学生、障がい児向けのワークショップの企画やファシリテーションを行う。大学院修了後、企業の人財開発•人財戦略に関わる会社に入社。人財育成のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。 退社後、今までの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2015年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。

実施概要

主催 長野県
共催 (公財)長野県中小企業振興センター
後援

(一社)長野県商工会議所連合会、長野県商工会連合会、長野県信用保証協会

参加
対象

・信州での起業・創業に関心がある方
・信州ですでに創業、また社内での新規事業開発を担っている方

参加費 無料
*講座によって希望者を対象とした懇親会が開かれる場合がございます。その場合は実費負担となります
定員 キックオフ講座:50名
連続講座:20名
定員 キックオフ講座:50名
連続講座:20名

SNS

お問い合わせ

フォームの不具合や参加に関するお問い合わせがありましたら、こちらまでにご連絡くださいませ。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

プライバシーポリシー

このサイトについて
「信州スタートアップスクールWebサイト(以下、「本サイト」)」は、長野県からの委託により、株式会社共立プラニングにて作成・運営しております。本Webサイトは利用者への事前通知なしに、掲載する情報(コンテンツやURL)の全てまたは一部の変更、本ウェブサイトでの情報提供の中断または停止をすることがあります。あらかじめご了承ください。

個人情報の取扱いについて
本サイトは、お客様の個人情報を、 信州スタートアップスクールの実施のために利用しします。また、お問い合わせにご回答する場合、個人を識別できない形式の統計情報としての利用・提供の目的以外では利用いたしません。
本サイトは、お客様の承諾なく個人情報を第三者に提供しません。
但し、上記利用目的の範囲内で、守秘義務を負う業務委託先に個人情報を預託することがあります。
個人情報の参照、訂正、削除を求められた場合は合理的な範囲でこれに応じます。

個人情報保護方針
(株)共立プラニングでは、お客様のプライバシー及び個人情報を保護する事が事業活動の基本であり、極めて重要な事項であると認識すると共に、社会的責務であると考えております。お客様からお預かりした個人情報を適正に取り扱います。 

1.個人情報の収集、利用及び提供個人情報の収集目的を明確にし、目的の範囲内でのみ収集、利用、委託及び提供致します。自己の個人情報に対し開示、訂正、削除を求められたときは、合理的な期間かつ妥当な範囲内でこれに応じます。

2.安全対策の実施個人情報の正確性及び安全性を確保するため、従来から実施している情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えいの予防ならびに是正に努めます。個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、個人情報保護方針を遵守できる委託先を選定し、その取り扱いについて管理及び監督致します。

3.個人情報に関する法令個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。

昨年度実施講座一覧

会社員しながら、
信州で起業する可能性を考えよう!

9/24(月・祝)18:00〜19:30
@上田 BOOKS & CAFE nabo

「働き方改革」や「人生100年時代」といった言葉が話題になる中、起業・創業のあり方も多様に!?信州ならではの複業の可能性を考えよう!

ゲスト:
正能茉優さん<(株)ハピキラFACTORY代表取締役/ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)スマートプロダクト担当/慶應義塾大学大学院 特任助教>

1991年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学在学中、地方の商材をかわいくプロデュースし発信する(株)ハピキラFACTORYを創業。大学卒業後は、広告代理店に就職。

現在は、ソニーにてスマートプロダクトに携わりながら、自社の経営も行う「パラレルキャリア女子」。その「副業」という働き方の経験を活かし、2016年度には、経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」の委員にも。最近は、慶應義塾大学大学院特任助教として、学生たちと「地域における新事業創造」について、活動中。

ママのチャレンジを応援
はじめての名刺交換会

10/5(金)10:30〜13:00
@長野市 ゆめママキッチン

ランチ&託児付き◎
子育てしながら、自分に合った形での仕事のつくり方を一緒に考えてみませんか?

ゲスト:
森田舞さん(社会保険労務士/ゆめサポママ@ながの 共同代表)
長野市出身。神奈川県の短大に進学後、就職。その後、長野へUターンするも、すぐ就職先が見つかることもなく、今度は夫婦で社会保険労務士試験を受験し、夫婦で1回合格を機に、独立開業。その後、コーチングを学び、コミュニケーションの講師など、自分がやりたいと思ったことを仕事にして15年目。 プライベートでは、不妊治療を経て、36歳と41歳で出産し、2児の母。

大口知子さん(ライター/ゆめサポママ@ながの 共同代表)
転勤族の夫とともに、引越しをすること8回。見知らぬ土地での子育てでノイローゼになりそうになったところから危機感を感じ、外に出るようになる。子育てサークル、子育て情報誌などに関わった後、雑誌のライターとして仕事と子育ての両立をしてきた。また、「手抜きに見えない手抜き料理」をブログで書いていたことがTV出演へとつながる。 人生のテーマは「楽しい子育て期を過ごす」。 

信州に、
チルな場をつくるには?

9/24(月・祝)18:00〜19:30
@上田 BOOKS & CAFE nabo

地域内外の若者が集まりたくなる場は、どのようにしてつくる?
大阪で話題のホテル「HOTEL SHE, OSAKA」などを手がけるホテルプロデューサーの龍崎翔子さんを招き、地域の魅力を編集し、場をつくる方法を学びます。

ゲスト:
龍崎翔子さん(ホテルプロデューサー/L&G GLOBAL BUSINESS代表)
1996年生まれ。2015年にL&G社を設立。「ソーシャルホテル」をコンセプトに掲げ北海道・富良野の「petit-hotel #MELON 富良野」や京都・東九条「HOTEL SHE, KYOTO」をプロデュース。2017年9月には大阪・弁天町でアナログカルチャーをモチーフにした「HOTEL SHE, OSAKA」を、2017年12月には湯河原でCHILLな温泉旅館「THE RYOKAN TOKYO」を手がける。2018年5月に北海道・層雲峡で廃業した温泉旅館を再生した「HOTEL KUMOI」をオープン。

自分の趣味から
事業をつくるには?

9/9(日)16:30〜18:00
@上田 26bldg.

ゲスト:
カズワタベ氏(ウミーベ株式会社 代表取締役)

1986年長野県松本市生まれ。音楽大学卒業後、東京での音楽活動を経てスタートアップの創業に関わり、2013年に福岡に移住。2014年8月ウミーベ株式会社を設立。同社では「釣りを、やさしく。」をビジョンに掲げ、国内最大級の釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」、釣りコミュニティサービス「ツリバカメラ」の運営、魚臭につよいハンドソープ「フィッシュソープ」の販売を行なっている

起業・創業に向けた最初の一歩の踏み出し方

8/9(木) 18:30〜
@塩尻市 えんぱーく

ゲスト:
井上浄さん(メインスピーカー) 博士(薬学)/ 薬剤師/株式会社リバネス 取締役副社長CTO

大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。博士過程を修了後、北里大学理学部助教および講師、京都大学大学院医学研究科助教を経て、慶應義塾大学特任准教授、熊本大学薬学部先端薬学教授、慶應義塾大学薬学部客員教授に就任・兼務。研究開発を行いながら、大学・研究機関との共同研究事業の立ち上げや研究所設立の支援等に携わる研究者。

菅本香菜さん(スピーカー) 株式会社CAMPFIRE LOCAL・FOOD担当 / 旅するおむすび屋 1991年、福岡県北九州市出身。熊本大学卒業後、不動産会社での営業を経て、食べものつき情報誌『くまもと食べる通信』の副編集長として活動。熊本震災後に上京し株式会社CAMPFIREに転職、LOCAL・FOOD担当として全国各地のクラウドファンディングプロジェクトをサポートしながら日本の魅力発信に努める。本業の傍ら2017年5月に、旅するおむすび屋『むすんでひらいて』プロジェクトを立ち上げた。 メディア出演 : NHK「人生デザインU-29」など

二拠点×起業の可能性

9/24(月・祝)18:00〜19:30
@上田 BOOKS & CAFE nabo

ゲスト:鈴木宏明さん/ 日本一ハードルの低いレコード店「block」・メロウマシーン55共同創業者 1989年長野市生まれ。約3年間の会社員生活を経て、学生時代から影響を受けていた音楽で何かを始めたいと思い、“日本一ハードルの低いレコード屋”「block」を創業。そこで、「長野ゆかり飲み」他、多数イベントを主催している。また、2018年4月、企画と空間づくりの会社、「メロウマシーン55」を設立した。

2017年秋に信濃町での場所づくりや2018年7月には、下諏訪町と巨大な公共施設ホシスメバを舞台にセカンドハウスづくりワークショップを実施したりと、長野県内での事業やプロジェクトも展開している。

空き物件を活用した、ビジネスのつくりかた

11/25(日)13:00-16:00
@飯田市 裏山しいちゃん

長野市善光寺周辺のリノベーションまちづくりのキーマンである倉石さんがゲスト。「空き家」をはじめ、遊休不動産を活用した、新しいビジネスの始め方を考えます。今回は、飯田駅近くのまちあるき(空き物件の探し方、活かし方)も行う予定です。
古民家はじめ遊休不動産を活用したい方はもちろん、物件のオーナーの方まで、お気軽にご参加ください!


ゲスト:
倉石智典さん<株式会社MYROOM代表>
1973 年長野県長野市生まれ。SFC総合政策学部卒業。 観光業、都市計画業、不動産業、建築業を経て、2010 年に現在の会社を設立。 空き家の仲介、リノベーションを専門とする。長野では「門前暮らしのすすめ」と題して、毎月「空き家見学会」を開催。県内外から参加者が訪れ、まちあるきをしながら「空き家」を案内。

まちなかの空き家を「リノベーション」して、新しい利用者とマッチングし、まちに賑わいをつくっている。


信州を面白くするアイデアのつくり方

12/9(日)13:30〜16:30

地域に価値のある、アイデアはどうやって生み出すの? 日本を代表する企画・編集のプロをお招きし、信州を面白くするアイデアのつくり方を考えます。

ゲスト: 嶋浩一郎さん<(株)博報堂ケトル代表取締役社長・共同CEO>
 編集者・クリエイティブティレクター。 1968年生まれ。1993年博報堂入社。2004年「本屋大賞」立ち上げに参画。現在NPO本屋大賞実行委員会理事。06年既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」を設立。 カルチャー誌『ケトル』の編集長、エリアニュースサイト「赤坂経済新聞」編集長などメディアコンテンツ制作にも積極的に関わる。2012年東京下北沢に内沼晋太郎との共同事業として本屋B&Bを開業。 編著書は、『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』(ディスカヴァー21)など、多数。 

指出一正さん<月刊『ソトコト』編集長>
1969年生まれ。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」メイン講師、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」メイン講師、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」メイン講師をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。

農業・家業で新しい事業をつくるには?

1/12(土)13:00-15:00
@長野市 tsunagno

今回は、神奈川を中心に活躍されている、実家の養豚農家を地域のブランド豚に育て上げた「株式会社みやじ豚(https://miyajibuta.com/)」の代表取締役社長、宮治勇輔さんをゲストに迎えて開催します。

農業を「かっこよくて」、「感動があって」、「稼げる」という新たな時代の「3K」産業にするため、様々な取り組みを行っています。また最近は、第二創業、事業承継の新しい形を考える「家業イノベーション・ラボ」も実施中です。信州の農業・家業を、創業を通して盛り上げる方法を一緒に考えましょう!


ゲスト:
宮治勇輔さん<株式会社みやじ豚 代表取締役社⻑/NPO法⼈農家のこせがれネットワーク 代表理事/(株)ファーマーズバーベキュー代表取締役>
1978 年、湘南地域の小さな養豚農家の長男としてこの世に生を受ける。2005 年に(株)パソナを退職後、実家の養豚業を継ぎ、2006 年9 月に株式会社みやじ豚を設立し代表取締役に就任。生産は弟、自身はプロデュースを担当し、兄弟の二人三脚と独自のバーベキューマーケティングにより2 年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。また、日本の農業の現状に強い危機意識を持ち、日本の農業変革を目指す「特定非営利活動法人農家のこせがれネットワーク」を設立。一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするため、新しい農業標準作りに挑戦している。



面白地域論
〜いま、地域でしかける理由とは?〜

1/29(火)19:15〜21:00
@長野市 長野県立大学後町キャンパス

「カマコン」、「鎌倉資本主義」を事例に、地域で新しい取り組みをしかける理由とポイントを講演&トークセッションを通して深掘りしていきます。

ゲスト:
柳澤大輔さん<面白法人カヤック 代表取締役CEO>1998年、学生時代の友人と面白法人カヤックを設立。2014年12月東証マザーズ上場(鎌倉唯一の上場企業)。

鎌倉に本社を置き、Webサービス、アプリ、ソーシャルゲームなどオリジナリティあるコンテンツを数多く発信する。ユニークな人事制度やワークスタイルを発信し、新しい会社のスタイルに挑戦中。
2015年株式会社TOWの社外取締役、2016年に株式会社クックパッドの社外取締役就任。2018年11月、地域から新たな資本主義を考える「鎌倉資本主義」(プレジデント社)を上梓。

徳谷柿次郎さん<(株)Huuuu代表/「ジモコロ」編集長>
1982年生まれ。大阪府出身。東京と長野の二拠点生活中。全国47都道府県のローカル領域を編集しているギルドチーム「Huuuu inc.」の代表取締役。どこでも地元メディア「ジモコロ」、小さな声を届けるウェブマガジン「BAMP」の編集長、海の豊かさを守ろう「Gyoppy!」の監修、TBS系列のニュース番組「Dooo」の司会、長野市善光寺近くでお店「やってこ!シンカイ」のオーナー、雑誌「ソトコト」でも毎月コラムを連載しています。趣味は「ヒップホップ」と「民俗学」です。 

会社員しながら、
信州で起業する可能性を考えよう!

9/24(月・祝)18:00〜19:30
@上田 BOOKS & CAFE nabo

「働き方改革」や「人生100年時代」といった言葉が話題になる中、起業・創業のあり方も多様に!?信州ならではの複業の可能性を考えよう!

ゲスト:
正能茉優さん<(株)ハピキラFACTORY代表取締役/ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)スマートプロダクト担当/慶應義塾大学大学院 特任助教>

1991年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学在学中、地方の商材をかわいくプロデュースし発信する(株)ハピキラFACTORYを創業。大学卒業後は、広告代理店に就職。

現在は、ソニーにてスマートプロダクトに携わりながら、自社の経営も行う「パラレルキャリア女子」。その「副業」という働き方の経験を活かし、2016年度には、経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」の委員にも。最近は、慶應義塾大学大学院特任助教として、学生たちと「地域における新事業創造」について、活動中。